KSB瀬戸内海放送、FM香川は、
岡山・香川に根差したメディアグループとして、SDGsの周知に貢献しながら、
地域経済と文化の発展へとつながる、自社のSDGs活動を推進していきます。

SDGsとは?(Sustainable Development Goals:
持続可能な開発目標)

2015年9月、国連の持続可能な開発サミットで採択された国際目標のことで、貧困・飢餓の撲滅、質の高い教育、ジェンダー平等、気候変動対策など、環境・経済・社会の各分野における17のゴール、169のターゲットから構成されています。
2030年までの目標達成を目指しており、多様なパートナーシップの構築が求められています。

SDGs

SDGメディア・コンパクト

KSB瀬戸内海放送は、誰一人取り残すことのない持続可能な社会の実現に貢献すべく、
国連のSDGメディア・コンパクトに加盟しました。
国際社会が共有する課題の解決に向けた的確な情報発信を行いながら、
自社としても主体的なSDGs活動を展開してまいります。

SDG MEDIA COMPACT

SDGメディア・コンパクトとは?

貧困・飢餓、気候変動など、さまざまな社会課題の解決目標を掲げたSDGsの達成を加速させるため、2018年に組織されました。国連は「目標を達成するための知識を深める上で、メディアの役割は欠かせない」とし、世界中の報道機関とエンターテインメント企業を対象に、参加の拡大に協力するよう呼び掛けています。KSBグループは国連や各国のメディアと協力しながら、岡山・香川に根差したSDGs活動に尽力します。

プレジデントメッセージ
SDGs宣言)

KSB瀬戸内海放送 代表取締役社長 山下 誠志

KSB瀬戸内海放送グループはSDGsの趣旨に賛同し
「持続可能な社会」の達成のため行動することを宣言します。

経営理念の柱である「善いことの『ちから』に」を具現化する為にSDGsを採用することを決めました。SDGsは2015年9月に国連加盟193ヵ国によって採択された「持続可能な開発目標」です。
人間、地球および繁栄のための2030年までの行動計画として17の目標と169のターゲットから構成され「誰ひとり取り残さない(no one will be left behind)」ことを誓っています。
KSB瀬戸内海放送は1969年の開局以来、さまざまな社会的課題の解決や環境保護に積極的に取り組み地域社会のしあわせと発展に貢献してまいりました。
開局52年を迎えた2021年1月に創業の地、高松市西宝町から上之町に高松本社屋を新築・移転します。健康福祉、教育の充実、経済活性化、環境保護、デジタル化(DX)を意識した社屋です。
心新たに更なる高みと理想を目指して社会に貢献してまいります。

KSB瀬戸内海放送
代表取締役社長 山下 誠志

SDGsをテーマにした番組

岡山・香川の高校生とともに、SDGs活動に積極的な地域企業の取り組みを掘り起こしていく番組です。次の時代を担う若者には無視できないSDGsという視点から、自らが暮らす地域の魅力の再発見を促し、一方ではこれからSDGsに関する学びを深めようとする高校に、他校における成功事例を共有する仕組みを提供します。
※番組では企業のSDGs活動を、KSBスーパーJチャンネルでは高校の取り組みを中心にご紹介しています。

【現在の参加校】
≪岡山≫
岡山学芸館高校、岡山後楽館高校、創志学園高校、岡山高校、岡山操山高校
≪香川≫
坂出高校、英明高校

詳細ページ

KSBグループの取り組み

すべての人に健康と福祉を

with 盲導犬

盲導犬は、目が不自由な方の安全をサポートする大切なパートナー。しかし、彼らを取り巻く環境には多様な問題があります。例えば、盲導犬の利用希望者3000人に対して、街で活躍する盲導犬は909匹というのが実情(2020年3月末現在)。また、訓練士や育成施設の不足で年間に育成できる盲導犬は100匹程度に限られます。KSB瀬戸内海放送では、番組放映を通して問題意識を広く共有し、誰もが理解し合える健全な社会の実現へとつなげます。

詳細ページ

質の高い教育をみんなに

じぶんで考える食の学校

毎年秋、地域の子どもたちを対象にしている、じぶんで考える食の学校。普段、何気なく口にしている食べ物が、どのような過程を経て食卓に上がっているか、専門家を招いてじっくり学ぶ場です。地元・香川の食文化と環境問題に対する意識を高めるだけでなく、食を題材にメディアリテラシーを身につけられるのが大きな特色となっています。

詳細ページ


FM香川「子育て応援企画~はないくえほん~」

花育とは、花や緑を教材に、感受性や観察力、思いやりの心など、主に子どもの心を育てよう、という考え方。花育をテーマにした絵本を2018年から毎年発刊しており、県下の幼稚園児、保育園児に各園から配布。(37,000部)
企画を通じて子供たちの豊かな自然を愛する心を育みます。


FM香川「ありがとうキャンペーン」

2013年から、卒業シーズンに展開。 香川県内の小学校から高校、専門学校などを訪問し、卒業生・在校生の“ありがとうメッセージ”を収録、40秒の「ありがとうメッセージスポットCM」を制作して放送。
人生の新たなステージへ進もうとする人が、感謝の気持ちを込めて、大切な人にラジオで“ありがとうメッセージ”をお届け。どれも個性的で、ついつい耳を傾けてしまうココロ温まるメッセージばかりです。ラジオを通じて香川県中に“ありがとう”の輪が広がります。

住み続けられる
まちづくりを

KSB瀬戸内海放送 高松本社

次の時代を見据えた新社屋の建築

2021年1月、KSB瀬戸内海放送 高松本社が生まれ変わりました。近い将来、発生が予想される南海トラフ地震等の災害にも強い免震構造を採用。BCP(事業継続計画)に即して地域社会に必要な情報を持続的に届けられる体制を確保するとともに、環境保護の観点からエネルギー消費効率を格段に向上させています。


防災事典

防災事典

「楽しく気軽に学べる防災」をコンセプトに、防災豆知識やコラムなど多彩なコンテンツを動画を使って分かりやすく解説! ロープワークや洗濯物の乾かし方など、もしもの時に役立つ実践的な知識がさくっと学べます。もちろん、緊急情報もリアルタイムでお届けします。

詳細ページ


交通安全黄色いカード

交通安全黄色いカード

交通安全黄色いカード事業は、県内の小学校新入学生全員に岡山ではクリアファイル、香川では下敷きを協賛企業様の協力のもと、1994年以降毎年配布しています。また、春の交通安全週間とその前後に、交通安全啓発CMを放送しています。
これらの活動により、岡山・香川の交通安全意識の向上を図り、子ども達をはじめ、地域住民を交通事故から守るためことを目指しています。


FM香川「防災キャンペーン」

FM香川「防災キャンペーン」

2005年から、防災に最も近いメディアとして、まさかのときへの備えをラジオのコーナーと冊子で呼びかけ。冊子は保存版として子供にも大人にも分かる内容で制作し、防災月間である9月に110,000部発刊、県下の幼稚園児、保育園児、朝日新聞購読世帯、官公庁に配布。


FM香川 飲酒運転撲滅キャンペーン

ドライバーに最も近いメディアとして、飲酒運転防止を啓発するキャンペーンCMを、2012年からお酒が増える年末年始に大量投下。
協賛企業担当者やリスナーなど、毎年およそ100名様に、キャンペーンCM内で「飲酒運転をしない」宣言や呼びかけを行っていただくなど、安全なまちづくりを進めています。

海の豊かさを
守ろう
陸の豊かさも
守ろう

瀬戸内海放送環境美化振興財団

豊かな自然に恵まれた瀬戸内地方を放送エリアとするKSB瀬戸内海放送は、瀬戸内海放送環境美化振興財団を組織し、野生動植物の保護・繁殖、または環境美化に関する活動に顕著な実績を挙げている個人及び団体に助成・表彰を行っています。
自然環境の保全、あるいは環境美化の啓発を通し、地域社会における環境美化意識の高揚に資することを目指します。

詳細ページ